ボキューズ・ドールJAPAN事務局

一般社団法人 ボキューズ・ドールJAPAN

2016年4月15日、一般社団法人ボキューズ・ドールJAPANを設立いたしました。

フランス料理界において、世界的権威のある「ボキューズ・ドール国際料理コンクール」への参加を通じ、本コンクールの日本における認知度の向上や発展、また料理人の資質、技術・技能の向上を図ることを目的とし、積極的に活動を行ってまいります。
また、一般社団法人化により今後の活動を永く継続し、公益に資する活動として国内外での認証を受けることを目指してまいります。

一般社団法人ボキューズ・ドールJAPAN設立後、初めて開催される「第16回ボキューズ・ドール国際料理コンクール2017」では、より上位入賞を目指して活動いたします。

本コンクールの創始者であるポール・ボキューズ氏の願い「アジアにもっとフランス料理を広めたい」を胸に、我々は日本代表が本選の場で日本のフランス料理が誇る技術・色彩・味覚を最大限に表現しつつ実力を発揮できるよう、総合的サポートを行ってまいります。

代表理事 ごあいさつ

フランス料理界においてもっとも権威のある「ボキューズ・ドール国際料理コンクール」に、日本は1987年の第1回大会から参加しております。2007年度の大会では日本人初の6位入賞。2008年から新たに設けられたアジア・パシフィック地区予選では、日本が初代の優勝国になりました。さらに2013年度大会ではフランス、北欧などの入賞常連国がさらに力を伸ばす中で3位入賞を果たし、念願の表彰台にのぼることができました。

2007年度以降、新体制のもと多くのスポンサー様のご理解、ご尽力を頂き真の日本の実力を世界に向けて意識づけることができてきたと自負しております。2017年度の大会におきましては、さらに皆様のご協力を賜り、より強固なサポート体制をつくっていく所存でございます。

今後とも、あたたかいご支援、ご指導を賜りたくごあいさつ申し上げます。

平松博利(株式会社ひらまつ 会長)

会員名簿(設立 2016年4月15日)

代表理事
平松 博利   株式会社 ひらまつ 会長
理事
辻 芳樹    辻調理師専門学校  校長
理事
七条 孝三郎  七条小児医院    院長
監事
鈴木 保夫
事務局長
植杉 かおり
事務局
野口 直樹
事務局
小池 浩司
事務局
三浦 和也

日本ボキューズ・ドール・アカデミー

日本ボキューズ・ドール・アカデミーとは

一般社団法人ボキューズ・ドールJAPANの属組織として、日本代表選手のより強力なサポートと、日本のフランス料理界に「ボキューズ・ドール国際料理コンクール」を理解浸透させるため本アカデミーを創設いたしました。

会員には、2001年度大会以降の日本代表選手を任命いたします。「ボキューズ・ドール国際料理コンクール」への誇りと、実際にコンクールに出場した経験を持つ彼らが、日本代表の細やかなサポートと、本コンクールの日本での認知向上を目指したPR活動を行います。

アカデミーメンバーの日本国内外における活動は公益に資するものとし、調理技能についての関心を広く高めることを目的といたします。

2017年 日本ボキューズ・ドール・アカデミー会員

名誉会長

平松博利

株式会社ひらまつ 会長

2005年・2013年日本代表

会長
浜田統之シェフ

星のや東京 料理長
2005年にボキューズ・ドール史上最年少で日本代表に選ばれ、フランス本選で12位。2013年には本選で3位入賞を果たす。「ボキューズ・ドールは料理においてのオリンピック」と話す。

2007年・2017年日本代表

統括委員長
長谷川幸太郎シェフ

株式会社ひらまつ 取締役
ホテル、レストランで経験を積み26歳で渡仏。「ル・ジャルダン・デ・サンス」を始め星付きレストランで約3年半修業。帰国後「サンス・エ・サヴール」で料理長を務めた後、現職。ボキューズ・ドールは2007年に6位入賞。2017年にも日本代表となった。

2001年日本代表

濱野弘典シェフ

株式会社レンブラントホテル厚木 洋食調理長
東京プリンスホテル、ザ・プリンスパークタワー東京等で経験を積み、2014年より現職。ボキューズ・ドールとは「高い壁であり、今なお進化を続け刺激を与えてくれる存在」という。

2003年日本代表

川端清生シェフ

東京・外神田 TERROIR Bistro de Kawabata オーナーシェフ
高校卒業後フランス料理の世界に入る。都内レストラン等で修業後、渡仏し4年間経験を積む。2014年に独立。川端シェフにとってのボキューズ・ドールとは「勇気・情熱・友情・尊敬」。

2009年日本代表

佐々木康二シェフ

PRESQU’ILE 料理長
神戸「アラン・シャペル」、長崎「ハウステンボス」にて20年間上柿元勝氏に師事。その間、渡欧し経験を積む。2015年10月より現職。ボキューズ・ドールは「フランス料理の世界最高峰の夢の舞台」という。

2011年日本代表

中洲達郎シェフ

星野リゾート 料飲統括
都内レストランで修業を積んだ後、軽井沢、佐渡島、沖縄等のリゾートで勤務する中で地方の可能性に見せられる。2012年より現職。ボキューズ・ドール出場が料理人としての自分と真摯に向き合うきっかけとなったという。

2015年日本代表

高山英紀シェフ

メゾン・ド・タカ 芦屋 料理長
2004年に渡仏し、星付きレストランで3年半修業。帰国後、現店のシェフに就任。2016年にオーナーシェフとなり店名を変更する。ボキューズ・ドールとは「自分自身を成長させてくれる存在」。

お問い合わせ

Bocuse d'Or

一般社団法人 ボキューズ・ドールJAPAN

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目17番3号(株式会社ひらまつ内)
TEL:03‐5793‐8812 / FAX:03‐5793‐8814
E-mail : bocusedor@tsuji.ac.jp

ボキューズ・ドールJAPAN 指定代理店

エス・ビー・エイ株式会社(担当:浅井 淳子、ニコラ・ルドー)
〒101-0031 東京都千代田区東神田2-2-5 4階
TEL:03-3431-9731 / FAX:03-3434-3820
E-mail : info@bocusedorjapon.jp